十分に比較検討しよう

マンション

個人がマンションの一室を取得していたり、ワンフロアを有していれば、賃貸マンションとした貸し方ができます。通常は、長期修繕計画に基づいてメンテナンスしながら、取得した者が住み続けるものです。しかし、日本橋というエリア(環境)は、ビジネスマンも多く、職場に近い利便性から借りたいニーズも高まっています。時代とともに変遷もあり、賃貸マンションの設備もどんどん進化するものです。メンテナンスで劣化が抑えられるのも一利ありますが、居住性、マンションとしての資産価値も下がる可能性は否定できないため、資産価値のある内に売却するのも一つの手です。気をつけたいのは、どんなに居住者のニーズが高くとも、日本橋という立地、さらに構造によってはリフォームやバリューアップができないこともあるということです。どのような方法が利に適うのか、賃貸マンションによって違いますし、そうした判断を不動産の知識やノウハウを持たない素人には、いささか難しいはずです。気をつけるべきは、貸すにも修繕するにも、売却するにも、何を実施するかは十分に検討するということに尽きます。また、先に述べた通り、維持費や修繕費などのお金の問題は残ったままになります。どれくらい費用が発生するのか、資金の借り入れ方法も今はリースという手があるようです。資産価値を高めるための手段、方法は、しっかり収集したり、調べてからでも遅くはありません。

バリューアップさせてみる

模型

日本橋に賃貸マンションが建ち並んでいますが、個人が取得した一室を貸し出すケースもあります。社会人にとっては、異動・長期出張などにより、空き家問題もあります。かといって、ローン返済中であったり、家賃を払い続けるのも二重の支払いとなり負担や問題がありますし、一年そこら辺りの空室で売却するのも気が引けることもあるでしょう。だからこそ、マンスリー、ウィークリー賃貸マンションとして貸すことも可能です。もちろん、家賃を底上げしても問題にならないようにリフォームも施しましょう。最近は、どこでも楽しめる、使える、頼れる「電気料金の安さ」に注目が集まっているようです。これは、借り手側にも希望が多い内容のようで、電力の使用状況を見える化し、パソコンやタブレット、スマホユーザーを取り入れることが期待できるのではないでしょうか。こうした空室としない、貸すという切り替えるアイデアこそ、空室率低減に役立つのかもしれません。

広告募集中